ミトラ教.ミトレーアム・ジャパンと東條真人のプロフィール

By 東條真人,Ph.D.

ミトレーアム・ジャパン(ミトラ教天使七星教会)

表紙 カルデアン・マギ

改版履歴

新版初版 2003年1月27日(月);

二訂 2005年4月19日(火);三訂 2005年10月19日(水);四訂 2007年5月27日(土);五訂 2008年8月15日(木);

六訂 2010年11月3日(水)

 ミトレーアム公式HPへ

 

 

 

 

Logo_神は友なり

ミトレーアム・ジャパンと東條真人のプロフィール

――沿革――

 

 

 

1.名称

 正式名称は、ミトレーアム・ジャパン。

英語表記は、Mithraeum Japan

別名は、ミトラ教天使七星教会〔みとらきょうてんししちせいきょうかい〕。

中国語表記は、皇極天真皇弥勒教曾。

 

 

2.沿革

 1994年、ミトレーアム・ジャパンとして東條真人により設立される。

1997年から通信講座をとおして本格的な教授を開始。

1999年冬からミレニアム講座を開始。ミトラ聖誕祭第一回を執り行う。以後、恒例の年中行事になる。

2003年にミトレーアム・ジャパン名義で郵便振替口座開設。

2004年にミトラ会を設立。

2005年、『ミトラ神学』がペルシア語に翻訳出版される。HP記事もペルシア語で紹介される。

 2006年10月1日(日)、日本イラン共同プロジェクトとして、論文『現代イランの新異教主義と現代のミトラ教』(日英対訳)を執筆発表。

2007年1月21日(土)、イラン人の友人主催で大阪府箕面市メイプルホールにて講演会を行う(参加者80名)。大阪外語大学名誉教授井本英一先生にご出席いただき、講演後、パネル・ディスカッションをする。

2007年4月21日(土)、日本イラン文化交流協会主催でイラン大使館(東京南麻布)にて講演会を行う(参加者60名)。日本イラン文化交流協会会長岡田恵美子先生ほか、多くの大学関係者にご出席いただく。

2008年7月10日(木)、インターネット占い「ミトラ秘教占術」をリリース。

2009年2月1日(日)、英語版公式サイトを開設。海外連携を強める。

2010年10月9日(土)、欧米、イラン、インド、日本など、世界各地のミトラの友が共同してつくった論文集「ミトラ学論文集3」(英語)が刊行される。東條の論文「禅とミトラ教」Zen and Mithraismも収録される。

 

 

3.活動目的とその細目

活動目的

 友道〔ゆうどう〕、つまり《ミトラの友》の輪を広めていくことであるHPミトレーアム・ジャパンの活動目的

 

主要な細目

@ミトラの友の輪を広め、たがいに助け合い、生活の向上、楽しさの増大、幸福の実現をはかること。

A精神的な面においては、ミトラの愛と智慧にふれることで、人格向上、霊的成長、自主性・主体性の回復、人生の充実と幸福の実現につとめること。

B知的な面においては、ミトラ神話、教典(古典)、ミトラ教史などについて幅広く体系的に理解を深めること。

C上記を通じて、差別・偏見のない社会の実現と、全人類的な調和と発展に寄与すること。

 

 

4.方策

・ミトラ会を通しての会報発行。

・出版、講演、講習会、通信講座などの実施。

・HPによる広報活動。

・ミトラの友各位の自主的な活動。

 

 

5.シンボルマーク

 ミトレーアム(ミトラ教天使七星教会)が使うシンボルマークは、有翼円盤と孔雀の紋章の二つ。この他に、七芒星護符がある。

 


有翼円盤の紋章

孔雀の紋章

七芒星護符

 

 

6.東條 真人 とうじょう まさと。Masato TOJO, Ph. D.

略歴

 1957年生まれ。東京大学大学院博士過程修了。工学博士。専攻は情報工学、認知心理学、計算機言語学。学位は、人間の脳内の情報処理メカニズムの研究で取得。

 

Masato_TOJO_Phd

 

ミトレーアム設立の経緯

学生時代に習得した英語、ロシア語、ドイツ語をつかって、バビロニア多神教、スーフィズム、イスラーム、弥勒、中国古典、グノーシス、近代エソテリシズムなどを研究するうちに、古今東西にわたり広大な広がりを持つミトラ教に関心を持つ。ミトラ教のさまざまな形態を研究し、表面的な形態がどのように変わろうとも、ミトラの教えの根底には常に友道〔ゆうどう〕があるという認識に到達する。友道を基軸として、ミトラの教えの集大成を進めるかたわら、友道の輪を広げるため、1994年、ミトレーアム・ジャパン(ミトラ教天使七星教会)を設立し、ミトラの友たちとともに歩み、現在に至る。

 

現在

ミトラ教天使七星教会代表。神学者。

 

特技

言語学(文法論・意味論)は専攻分野であるとともに趣味でもあるので、満州語、モンゴル語、トルコ語の文法にくわしい。中国語、アラビア語、ペルシア語もたしなむ。

 

著書

『タロット大事典』(国書刊行会, 1994)、『ミトラ神学』(国書刊行会, 1996)、『詳解ミトラ教の秘教占星学』(MIIBOAT Books, 1998)、『世界の神々の事典』(学研, 2004, 共著)、『ケウル−ミトラ聖典』(MIIBOAT Books, 2006)など多数。『ミトラ神学』はペルシア語に翻訳出版されている(2005年)。ペルシア語版タイトルは、ﻤﻬﺮﭙﺮﺴﺗﯽ』(メフルパラスティ)。

 

Profile

Masato TOJO, Ph. D.

Born in Niigata City in 1957. Entered Dept. of Information Technology, Graduate School of Engineering, The University of Tokyo in 1980 and earned the degree of Ph. D. in Information Technology from it in 1985.

 

Specialty: cognitive psychology, computer linguistics and artificial intelligence. Japanese committee member of ISO/IEC JTC1 SC18 WG9* from 1992 to 1996. Making the investigation on pictograms and language processing mechanism of human brain a start, began study on mystic symbolism. The study gradually shifted to the study of Iranian religious tradition and its history, especially Mithraism, Maitreya (Miroku), Shiism and Sufism.

 

Books: Qewl-Holy Book of Mithra (MIIBOAT Books, 2006), Mithraic Theology (Kokushokankohkai, 1996), Dictionary of Gods of the World (Gakken, 2004), Esoteric Astrology of Mithraism (MIIBOAT Books, 1998), Let’s Read the Secret Doctrine (Shuppanshinsha, 2001), Encyclopedia of Tarot (Kokushokankohkai, 1994) and others.

 

*ISO/IEC JTC1 SC18 WG9 -Abbreviations ISO: International Standardization Organization; IEC: International Electrotechnical Commission; JTC1: Joint Technichal Committee; SC18: Subcomittee 18; WG9: Working Group 9 (User System Interfaces and Symbols)

 

 

以   上