ミトラ教.天使学.七大天使の真名と称号

By 東條真人,Ph.D.

ミトラ教天使七星教会

表紙 孔雀王アザゼル

改版履歴

初版 2003年8月24日(日)

二訂 2003年9月2日(火)聖画入替え

三訂 2005年3月18日(金) 新装

四訂 2008年5月9日(金) 新装、一部書き換え

 ミトレーアム公式HPへ

 

 

 

七大天使の真名と称号

 

 

目次

はじめに

参考

 

本文

 1.真名

 2.真名の解説

 3.称号

 

 

 

はじめに

本論文のねらいは、ミトラの七大天使の真名についての正確な知識の提供である。最初に、真名とその使い方について説明し、その後に各大天使ごとにその真名の効能について説明する。

 

 

出典

ケウル-ミトラ聖典』の「七大天使の真名の書」。

 

 

ペルシア語に翻訳・紹介

本論文のもととなった「七大天使の真名の書」は、イラン人の友人JJ博士によりペルシア語に翻訳・刊行されている(2005年8月)。

 

 

参考

・東條真人『ケウル-ミトラ聖典MIIBOAT Books2006

PDF.七大天使のプロフィール

HP聖七文字.七大天使の秘密

HP天使七星学.七大天使の名前の由来

HP天使七星学.ミトラ教の七曜占い

 

 

 

本文

 

 

1.真名 まな

真名とは、その存在の本質をしめす名前をさす。真名を知ることがきわめて重要だということは、西アジアでは広く知られている。『コーラン』2:28/30-29/31にも、神はアダムをつくったとき、アダムが自然界(動物界・植物界・鉱物界)の主になれるように、アダムに万物の名を教えたと記されている。

 

真名を知ること

真名を知る者は、たいへんな力を手に入れると言い伝えられている。これについては、HP天使学4.『イティハーサ』をテキストとしてミトラ神学を学ぶを参照のこと。

 

真名

七大天使は、それぞれ固有の真名をもっている。称号が役割を表しているのに対し、真名は、各天使が人間に与える力の本質を表している。

 

表 七大天使の称号と真名

七大天使

称号

真名

真名(アラビア語)

アザゼル

孔雀王

われは神なり。

アナ・ルハック

ジブリール

人間性の主

神は友なり。

アッラーフ・ミール

シェムナーイル

財運の主

われに栄光あれ。

スブハーニー

ダルダーイル

学問と芸術の主

神のほかに神はなし。

ラー・イラーハ・イラ・ッラー

ミカエル

神の盾、倫理の盾

神に敵対する者は誰ぞ。

マナ・ルムディル

アズラーイル

美容健康と長寿の主

わたしは美しい。

アナ・ッジャマール

イスラーフィール

神火と神剣の主

神は偉大なり。

アッラーフ・アクバル

 

真名の使い方

(1)くりかえし、心の中で唱える*。意味がわかっているほうが効果的なので、日本語で唱えるほうがよい。

(2)ばくぜんと開運を期待するのであれば、ジブリール、ダルダーイル、イスラーフィールの真名を唱えるとよい。

 

*くりかえし、心の中で唱える 〔ア/ク〕dhikr。これをアラビア語・クルド語でジクル(黙念)という。 

 

 

2.真名の解説

アザゼル ――われは神なり

真名

アナ・ルハック'Ana-l-Haqq。直訳すると、「われは天真なり」であるが、慣例的にこのように訳される。アナは、アラビア語で「わたし」の意。

 

効能

この真名は、ミトラとの神人合一の境地に導き、ミトラの力すべてひきだすことができる。しかし、神がミトラであるという事実を無視して、勝手な神を想定して使うと、「おれは神だ!」と白昼路上でわめきだすことになる。これは、アザゼルのくだす神罰である。

 

聖画 孔雀王アザゼル

 

ジブリール ――神は友なり

真名

アッラーフ・ミールAllahu Mir。アラビア語は、名詞の後ろに母音をつけて、「てにをは」を表現する。アッラーフは、「神」を意味する言葉アッラーに主格を意味する母音「u」がついたもので、「神は」という意味を表している。アッラーミールAllahmirと一語になってしまう場合もある。ペルシア語では、「アッラー・メフル・アスト」Allah mehr astという。ペルシア語は日本語と同じ語順で、冠詞がない。アッラーは「神」、メフルはミトラ(友)、アストは動詞で「である」を意味する。

 

効能

この真名は、もっともおだやかなかたちではたらき、神から多くの助けを得ることができる。他のすべての真名と調和する。

 

聖画 仁愛の天使ジブリール

 

シェムナーイル ――われに栄光あれ

真名

スブハーニーSubhani。スブハーンは、栄光あれ、あるいは讃あれという命令形。末尾のイーは、対格で「われに」を意味する。

 

効能

この真名を唱えると、自分の能力に自信をもつことができ、金運が向上する。能力を発揮するには、「自信」という帆をかけてやる必要がある。

 

聖画 財運の天使シェムナーイル

 

ダルダーイル ――神のほかに神はなし

真名

ラー・イラーハ・イラ・ッラーLa ilaha illa Allah。ラーは、アラビア語の否定詞。深遠な奥義を表現するために、独特の否定構文が使われている。

 

効能

この真名は、唱える者の意識を、ミトラのほかに神はいないということを知的・直観的に悟る方向に向かわせる。それゆえ、知性と直観のはたらきが高まり、心理的なエネルギーはすべて、内面に向かう。他のすべての真名と調和する。

 

聖画 学問と芸術の天使ダルダーイル

 

ミカエル ――神に敵対する者は誰ぞ

真名

マナ・ルムディルMan al-Mudill。マンは、アラビア語で「誰?」を意味する疑問詞。

 

効能 

この真名は、聖法の力を最大限に強める。いじめや不当な仕打ちに対する抵抗力が増す。アザゼル、あるいはイスラーフィールの真名と組み合わせると、効果がさらに強まる。

 

聖画 神の盾ミカエル

 

アズラーイル ――わたしは美しい

真名

アナ・ッジャマール'Ana-j-Jamal。アナは、アラビア語で「わたし」を意味する。ジャマールは、神の絶対美を意味する。

 

別真名

アズラーイルには、もう一つ真名がある。それは、「神にたたえあれ!」、アラビア語でアルハミドゥリ・ッラーal-Hamidu lillahである。この真名は、神に対するかぎりない感謝の気持ちを表している。

 

効能

この真名は、美しくなりたい、健康になりたい、長生きしたいという願いをかなえてくれる。アズラーイルは、不老不死の仙酒(ネクター)を与えてくれるという伝承がある。仙酒は、ぶどうとざくろを主としてつくられる滋養強壮のための酒である。

 

聖画 健康と不老長寿の天使アズラーイル

 

イスラーフィール ――神は偉大なり

真名

アッラーフ・アクバルAllahu Akbar。アッラーフは、「神」を意味する言葉アッラーに主格を意味する母音「u」がついたもので、「アッラーは」という意味を表している。

 

効能

この真名は、能力を開花させてくれる。全身に聖戦〔ジハード〕の熱いエネルギーがみなぎってくる。心理的なエネルギーはすべて、外に向かう。

 

参考

『孫子』第七軍争篇三には、「疾〔はや〕きこと風のごとく、徐〔しず〕かなること林のごとく、侵掠〔しんりゃく〕すること火のごとく、動かざること山のごとく、動くこと雷〔いかずち〕の震〔ふる〕うがごとく、知りがたきこと陰のごとし」という言葉が記してある。ここんは、風、林、火、山、雷、陰(影)の六つが挙げられているが、武田信玄は、最初の四つをとって自分の旗印にした。それがかの有名な「風林火山」である。日本風に言えば、イスラーフィールの真名は、「風林火山」であるといえよう。

 

聖画 神火と神剣の天使イスラーフィール

 

 

3.称号 

七大天使は、さまざまな称号を持っている。称号は、天使たちの役割を示すものであり、真名のような力はない。しかし、天使の性格や役割を知るうえでは、きわめて役に立つヒントを与えてくれる。

 

表 七大天使の称号

七大天使

称号

アザゼル

孔雀王、意志と力の主、自由意志の主、独立心の主、決意と決断の主、ジャッド

ジブリール

友愛の天使、人間性の主、仁愛と智慧の主、霊知の授与者、ファトフ

シェムナーイル

財運の天使、短剣と暗殺の主、神の懐刀、ハヤール

ダルダーイル

学問と芸術の天使、白い風と甘い言葉の主、二元対立を終わらせる主

アズラーイル

美容健康と長寿の天使、不老長寿の主、美と理想の主、死と悲哀の主

ミカエル

神の盾、道徳の盾、倫理の盾、正義と公正の主

イスラーフィール

神火と神剣の天使、創造と復活の主、儀式的秩序の主、アッサービク(先導者、先鋒)

 

 

 

以   上