Modern Mithraism: New Religio-Cultural Movement in Iran & Japan

ミトラ神話.東方ミトラ教の神話

By 東條真人,Ph.D.

ミトラ教天使七星教会

表紙 天の友ミトラと七大天使

改版履歴

初版 2004年1月23日(金)

二訂 2004年1月27日(火)

三訂 2004年1月28日(水) 注加筆

四訂 2004年1月29日(木) 注加筆

五訂 2006年10月30日(月) 加筆

六訂 2008年4月17日(木) 新装

七訂 2008年5月6日(火) リンク訂正

 ⇐ミトレーアム公式HPへ

 

 

 

 

東方ミトラ教の神話

――バビロニアのミトラ神話――

 

 

 

目次

目次

ねらい

より正確に理解するには

参考

 

第一部    解説

 1.東方ミトラ教の定義

 2.名称

 3.別名

 4.成立年代

 5.支派

 6.使徒

 7.聖王

 8.概要

 9.主祭神

10.経典

11.大和宝巻

 

第二部    神話の概要

 1.太初の平安

 2.原人の死

 3.救済のはじまり

 4.人間の誕生と輪廻転生のはじまり

 5.使徒たちの活動

 6.分離の時

 7.周期の完了

 

 

ねらい

 ミトラ神話を総合的かつ正確に理解すること。

 

 

より正確に理解するには

 『ケウル−ミトラ聖典』の「東方ダウル詩」(三篇)と「聖詩」(十一篇)を読むとよい。

 

 

参考

根本聖典

・東條真人『ケウル−ミトラ聖典』MIIBOAT Books2006

 

ミトレーアム公式HP

HPミトラ神話1.ミタンニ・メディア時代のミトラ神話

HP神話学1.ミトラ教の基本

HPミトラ神学3.東方ミトラ教入門

HP東方ミトラ教の歴史

HPミトラ教の東方伝播:中央アジアから日本まで

 

東方ミトラ教に基づく幻視物語

・東條真人『タロット大事典』国書刊行会、1994

 

 

 


第一部 解説

 

 

 

1.東方ミトラ教の定義

 東方ミトラ教は、ミトラ教のバビロニア的形態であり、(1)原始ミトラ教、ズルワーン教、西方ミトラ教に続いて現れ、(2)後のミール派イスラーム、スーフィズム、弥勒教を開花させた宗派である。東方ミトラ教は、大マニによりバビロニアで創始された。西暦後242年3月20日(日曜)のことである。732年、当時のイスラーム王朝(ウマイヤ朝)は、イマーム・ミフル率いる東方ミトラ教を唯一の正統派と公式認定し、イスラームの保護下においた。この時以降、名実ともに、大マニの教会は、ミフリーヤ、すなわち東方ミトラ教(東方ミトラ教会)になった。

 

 

2.名称

 正式名称は、ミフリーヤMihriyya。アラビア語・クルド語でミトラ教を意味する。

 

 

3.別名

 ミフリーヤ、明教、摩尼教(マニ教)、弥勒教。

 

 

4.成立年代

 3世紀。

 

 

5.支派

 ボゴミール派(古代スラブ語で「唯一神ミトラ派」の意)。カタリ派(ボゴミール派の支派)。

 

 

6.使徒

 大マニ、大アッダイ、大ガブリヤブ、大シース、大インナイオス、大アンモーなど多数。

 

 

7.聖王

 ササン朝ペルシアのシャープール一世、シャープール二世は、東方ミトラ教を庇護した。

 

 

8.概要

 マニ教は、ズルワーン教→西方ミトラ教という流れの延長線上に位置し、ズルワーン教・西方ミトラ教の占星術的教義、天上王権継承神話、新周期神話のすべてを継承しつつ、これにキリスト教、マンダ教、グノーシス派、仏教をとりこんだ世界宗教である。マニ教は、ミトラの時代が到来したことを強調するだけでなく、ミトラの分霊が、キリスト、パラクレートとして到来したという分霊神話を付け加えた。さらに、西方ミトラ教の神話に、バビロニア宇宙論を組み合わせ、ミトラが世界を再生させたという神話を宇宙的な規模の壮大な神話に拡張した。

 大マニの死後、教長(イマーム)の座は、シース、インナイオスと受け継がれ、710年には、ミフルが教長(イマーム)の座に就いた。イマーム・ミフルは、ミトラそのものであると信徒から認知されていた人物である。732年、当時のイスラーム王朝(ウマイヤ朝)は、イマーム・ミフル率いる東方ミトラ教を唯一の正統派と公式認定し、イスラームの保護下においた。この時以降、名実ともに、大マニの教会は、ミフリーヤ、すなわち東方ミトラ教(東方ミトラ教会)になった。さらに、大アッダイがクルドの地に築いた孔雀派(ヤズダン教)も、ウマイヤ朝時代に庇護を受けるようになった。ミフリーヤは、中央アジアを経て、中国に到達し、儒教・道教・仏教と習合して、弥勒教を成立させた。2003年現在、弥勒教系宗派の総信徒数は、数千万人である。

 

 

9.主祭神

 ズルワーン=ミトラと七大天使。

 

 

10.経典

@大マニの著作

 ・二宗経〔にしゅうきょう〕 Shâbuhragân ……創世神話 PDF.正典『二宗経』に全文収録

 ・徹盡萬法根源智経〔てつじんばんぽうこんげんちきょう〕 Evangelium Viiium ……綺羅の霊による福音書

 ・浄命宝蔵経〔じょうみょうほうぞうきょう〕 Zindagân ……太陽なるミトラによる救済の書

 ・秘密宝蔵経〔ひみつほうぞうきょう〕 Râzân ……秘儀の書

 ・大力士経〔だいりきしぎょう〕 Kawân ……見張り伝承の書 PDF.正典『大力士経』に全文収録

 ・伝説集 Pragmatia ……伝承、説話

 ・讃願経〔さんがんきょう〕 Âfrîn ……各種讃歌

 ・書簡集 Epistle ……大マニの書簡

 ・聖画集 Eikon ……大マニ直筆の聖画

 ・諸章〔しょしょう〕 Kephalaia ……大マニによる体系的な教義解説書

 

A司祭たちによる著作・翻訳

 ・明教講話集

 ・ベーマ讃歌集

 ・説話

 ・明教下部讃残巻〔めいきょうかぶさんざんかん〕(中国で編纂)

 ・摩尼教光仏教法儀略〔まにきょうこうぶっきょうほうりゃくぎ〕(中国で編纂)

 ・七曜暦経〔しちようれききょう〕(中国語・シリア語)

 

B外部資料

 ・宿曜経〔すくようきょう〕

 

備考

 日本語で刊行されているキリスト教系のグノーシス研究書は、東方ミトラ教の神話を著しく歪めている。これらは、キリスト教と比較し、キリスト教の優位性を示すことが目的なので、キリスト教と比較可能な部分だけをクローズアップし、クルド=ペルシア的な部分を削り落としている。このような操作が行われているため、これらの研究書をとおして得られる東方ミトラ教の神話世界は、極端に歪んでいる。もともと、これらの研究書の著者は、キリスト教の御用学者であり、ミトラ教にいかなる共感もいだいていない。このような者の論考を、ミトラの友に推薦するわけにはいかない。それゆえ、天使七星教会は、これらの研究書をいっさい引用しないし、参考文献にも含めないわけである。ミトラ教は、キリスト教の神学者からミトラ教の教義を解説してもらおうとは思っていない。今回、ここで紹介する東方ミトラ教の神話は、一部分を極端に強調するようなデフォルメを排し、全体を一定の倍率で縮小・要約している。本当の神話がどのようなものか、みなさんにはぜひ真実を知っていただきたい。

〔参考〕

 HPミトラ神学3.東方ミトラ教入門

 

 

11.大和宝巻

 大和宝巻については、HP孔雀時代の新宝巻を参照のこと。

 

哲学

・中山星香『妖精国の騎士』現在16巻、秋田文庫、1986年〜連載中 HP天使学7.山中星香先生の作品をテキストとしてミトラ神学を学ぶ

・水樹和佳子『イティハーサ』全7巻、ハヤカワ文庫コミックス、発表19861997年 HP天使学4.『イティハーサ』をテキストとしてミトラ神学を学ぶ

・青池保子『エロイカより愛をこめて』現在18巻、秋田文庫、発表1976〜連載中 HP天使学6.青池保子先生の作品をテキストとしてミトラ神学を学ぶ

・由貴香織里『天使禁猟区』全20巻、花とゆめコミックス、白泉社、発表19952001年 HP天使学2.『天使禁猟区』をテキストとしてミトラ神学を学ぶ

・三好雄己『デビデビ』全15巻、少年サンデーコミックス、小学館、発表19982001

 

愛の秘儀

・木原敏江『摩利と新吾』全8巻、白泉社文庫、発表19771984年 HP天使学1.木原敏江先生の作品をテキストとしてミトラ神学を学ぶ

・あしべゆうほ『風の呪歌』秋田書店、発表1985, 1986

 

ミール/弥勒転世

竹宮恵子『地球へ・・・』全4巻、サンコミックス、発表19771980

・武井宏之『シャーマンキング』現在27巻、ジャンプ・コミックス、集英社、発表1998〜連載中

・有栖川るい『獣でもなく』全5巻、あすかコミックス、角川書店、19951996

 

バビロニア的イメージ

・中山星香『妖精国の騎士』現在16巻、秋田文庫、1986年〜連載中

・沖麻実也、川原つばさ原作『邪道 天網夜譚』あすかコミックスCL-DX、角川書店、発表1995, 1996

・沖麻実也、川原つばさ原作『邪道』現在4巻、あすかコミックスCL-DX、角川書店、発表1999〜連載中

・氷栗優『アゼル聖魔伝』あすかコミックスDX、角川書店、発表19921993

・氷栗優『聖魔伝』全10巻、あすかコミックス、角川書店、発表19941999

 

 

 


第二部 神話の概要

 

 

 神話の正式・完全版については、下記を参照のこと。

  ・『ケウル−ミトラ聖典』の「東方ダウル詩」(三篇)、「聖詩」(十一篇)

  ・PDF.正典『真二宗経』挿絵版

  ・PDF.正典『二宗経』マニ版

 

 

1.太初の平安

 太初には、無上光明王ズルワーン*がいた。ズルワーンは、光の楽園を治めていた。光の楽園は、清らかで、美しく、静謐で、輝いている。喜びに満たされ、平和で、希望と活力と芳しき芳香にあふれている。知恵母ソフィア*は、光の楽園の大地と風を満たし、光の国を養っている。光の楽園は東西南北に広がっているが、南方は闇に覆われている。光の楽園は、すべてのアイオーンから祝福を受けていた。これが、最初の時代(永遠なる平和の時代)に関する啓示である。

 

*無上光明王ズルワーン Zurwân。無上光明王は、ズルワーンの中国語訳である。マニによれば、ミトラはズルワーンの化身であるPDF.正典『ケファライア』35:18;『大マニ讃歌集』138:61-64

*知恵母ソフィア Sophia。知恵母は、中国語訳である。無極聖母、無生老母などとも言う。派hズルワーン(大女神ディヴ)のこと。

 

 

2.原人の死

 闇の皇子アーリマン*と魔族は、自分のものでないものを自分のものにしようと欲し、光の王国に攻撃を仕掛けた。このとき、永遠なる平和の時代は終わった。闇の魔族*が光の王国になだれ込み、光の中に闇を広げた。光の王国の平和が危機に瀬したとき、知恵母ソフィアは、原人オフルミズド*を召喚し、戦いに出かけるに先立って、自分の右手を与えて、口づけすることを許した。ソフィアは、そのお返しとして、オフルミズドの額に口づけをした後、五元素神*を呼んで、闇の魔族の敵意と悪意からオフルミズドを護るために、光の鎧となってオフルミズドの身をつつむように命じた。光の楽園に住む者たちの期待を一身に担って、オフルミズドは戦いに出かけた。だが、奮戦空しく、オフルミズドは破れ、その身体は粉々に砕け散った。かくて、無数の微細な光のかけら(明性)が暗黒の闇の奥底に散らばった。

 

*アーリマン Ahriman。闇の中に住む神。五大魔を従えている。サタンとも言う。

*闇の魔族 大暗母アズAz五大魔(呪詛を得意とする獅子面大煙魔、火を操る獅子面大火魔、辛らつな鷲面大風魔、妖美で快楽的な銀鱗大水魔、冷笑的な巨竜大土魔)からなるPDF.正典『ケファライア』第六章30-34

*五元素神 アマフラスパンダーンAmahraspandan。ゾロアスター教のアムシャスプンタに相当する。真気はクシャスラ。風はアムルタート。火はアシャ・ワヒシュタ。水はハルワタート。地はアールマティーである。五柱の元素神を一つにまとめ、五面のアールマティーと読んでいる教典もある。

*原人オフルミズド Ohrmizd。ゾロアスター教のアフラ=マズダーに相当する。

 

 

3.救済のはじまり

 闇の奥底から、光のかけらは、高みに呼びかけた。すると、ミトラがやって来た。ミトラは、境界からはるか下の深遠を見下ろして、そこに原人オフルミズドの身体の破片が散らばっているのを見た。ミトラが大きな声で呼びかけると、その声は、スラオシャ(呼びかける神)となって、原人のもとに降りていった。スラオシャが、光のかけらたちに向かって、「さあ、一つに集りなさい」と呼びかけると、光のかけらたちは目覚めて、応答する神をつくりだした。応答する神は、両手で光のかけらをすくいとると、呼びかけの神に導かれて、ミトラのもとに昇って行った。

 闇の奥底には、まだ光のかけらが残っていた。そこで、ミトラは、これらを集めるために、コスモスを創造することにした。ミトラは、十の天球層、天の輪(十二星座)をつくり、天の輪の中に、もっとも邪悪で不純で反抗的な闇の悪魔たちを鎖でつないだ。

つぎに、太陽、月、五つの惑星、八つの大地をつくり、大地の周りを四つの山と、水、風、火の三重の溝で囲んだ。こうして、光のかけらを回収するための準備を整えると、ミトラは、七大天使*を召喚し、コスモスの各部を分担監督させた。

 

 先導者なる持世明使ダヒベドには、地(光)の元素と生気(生気体)を、

 十天大王パフリベド(シェムナーイル)には、真気(虚空)と思考(哲学者魂)を、

 降魔勝使ウィスベド(アズラーイル)には、水の元素と洞察(動植物魂)を、

 催光明使ザンドベド(ミカエル)には、火の元素と熟慮(人間魂)を、

 地蔵明使マンベド(ダルダーイル)には、風の元素と意識(聖者魂)を監督させた。

 

 さらに、

 慈恵明使スラオシャ(ジブリール)には、真気(虚空)と友愛を、

 看守長ラシュヌ(バンベド*)には、裁きときよめを監督させた。

 

 最後に、天の友ミトラは、自らの一部を分けて、一対の分霊、すなわち綺羅の霊と少年神(天使キリスト)をつくりだした。

 

 ミトラが呼びかけると、十二名の女神*が現れて、天の輪(十二星座の輪)を回した。彼女たちは、魂を光の国へと導く仕事を引き受けた。

 ミトラは、太陽と月と五惑星を運行させた。

 こうして、七大天使、十二星座の乙女たち、太陽と月は、大宇宙と小宇宙の照応という不思議な秘儀を通じて、人間の内面を浄化するという役割についたのであった。

 

*七大天使 〔ク〕ハフト・シッルHaft Sirr。ヘレニズム時代には七曜神と呼ばれたが、イスラーム時代になると、七曜天使と呼ばれるようになった。

*バンベド 〔ペ〕Banbed。アザゼル、すなわちアリヤマン(アーリマン)のきよらかな部分のこと。応答する神と同一視される。教義の発展については、HPミトラ神学3.東方ミトラ教入門第三部「教義のポイント」の秘密教義の項を参照のこと。

*十二名の女神 知恵母ソフィアには、十二星座を司る十二名の乙女が仕えている。正典には、次のように記されている。牡羊座を司る乙女は忠義(支配)、牡牛座は知恵、双子座は勝利、蟹座は充足、獅子座は熱意、乙女座は真理、天秤座は信仰、蠍座は忍耐、射手座は誠実、山羊座は親切、水瓶座は正義、魚座は光という真名を持つ。ミトラが呼びかけると、十二名の乙女が現れて、天の輪を回した。乙女たちは、十二星座の回転力を利用して、魂を輪廻転生から脱出させ、光の国に導く(『ケファライア』316,2-8; 91,230.12-19, 234.3-8)。

 

聖画 ミトラ教の3D宇宙モデル

この図は、正典『真二宗経』と『ケファライア』の記述をもとに、東方ミトラ教の宇宙モデルを正確に図式化したものである。

 

 

4.人間の誕生と輪廻転生のはじまり

 世界の中心にミトラが現れると、その美しい姿を見て、十二星座の中に閉じ込められた悪魔アルコーンたちは、光のかけらを放出した。光のかけらの多くは、月に昇って行ったが、一部は海に落ちて、巨大な海の怪物マザンになった。さらに一部は、大地に落ち、草木と動物になった。アズとアーリマンは、男女のライオン神となって、すべての悪魔を呑み込み、彼らが体内に蓄えていた光のかけらを一つにまとめ、アダム(ガヨーマルト)とイヴ(ムルディヤーナグ)をつくりだした。男女のライオン神は、光のかけらが長くこの世にとどまりたくなるように、アダムとイヴに光り輝くミトラの姿を与えた。女ライオン神(アズ*)は恐ろしい竜を呼び、二人の子ども(アダムトイヴ)を見張らせた。

 

 アダムとイヴの身体の中には光のかけらがぎっしりとつまっている。もし、二人が子孫をもうけるなら、光のかけらはその中に流れこむ。そして、食物を通じてとりこんだ光のかけらを同化吸収しながら成長し、やがて天界に帰ってしまう。大暗母アズとアーリマンは、これを阻止しようと決めた。そのためには、二人の中にたくわえられている光のかけらを奪いとって、封じ込めなければならない。そこで、大魔母アズは、アダムを誘惑した。その結果、カインが生まれた。大魔母アズの意図した通り、カインの中に閉じ込められた光のかけらは、大魔母アズの血(魔力)にとらわれて、闇の毒に酩酊してしまった。後悔したアダムは、イブのもとに帰り、イヴと寝た。その結果、今度は、アベルが生まれた。アベルの中の光は目覚めてはいたが、カインのなかの光より少なく弱かった。

 

 ある日、カインとアベルは供物をもって、太陽なるミトラのもとへ行った。ミトラは、アベルが捧げた供物は受けとったが、カインの供物は受けとらなかった。怒ったカインはアベルを殺した。そこで、ミトラはカインを追放した。追放されたカインは、遠方の地にいって動物と交わって子孫をふやした。大地はカインの子孫でいっぱいになった。これが現在の人類である。

 カインの魂の中には、欲(罪)が流れこんでいるので、その魂は闇(無明)に覆われている。そこで、ミトラはイヴのなかに転生して、アダムをさとし、霊知の木のもとに連れていき、その果実を食べさせた。すると、アダムは霊的に目覚め、自分がなすべきことを悟った。アダムはイヴ=ミトラと共同して、セトを生んだ。

 

*アズ Âz。魔族の母なので、教典『摩尼教下部讃残巻』には、大暗母と訳出されている。

 

 

5.使徒たちの活動

 セトは、アダムとイヴから身体をもらい、ミトラからは分霊(少年神)をもらって、最初のミール(イマーム)になった。セトは、カインの子孫たち(つまり、人類)の中に降りていった。このとき、ミトラは、光のかけらの浄化は、長くかかると考え、輪廻転生の仕組みをつくりだした。

 ミトラの分霊(少年神)は、セトの後、エノク*(ヘルメス)、ノア*、モーゼ、ザラタス、ゴータマ王子(釈迦仏)、イエスと次々と宿って、救済活動を続けた。しかし、これらの使徒たちは、自分が赴いた土地に合わせて教えを説いたため、本来なら一つの大きな宗教になるべきものが、無数の個別宗教に分かれてしまい、救済を進めるどころか、互いに優劣を競うようになってしまった。そこで、ミトラは、綺羅の霊を遣わし、大マニ*に宿らせ、すべての教えを統合させることにした。大マニは、次のように語っている。

 

 こうして天の友ミトラの導きのもと、使徒たちが過去につくりだしたさまざまな宗教(宗派・教会)のもろもろの文書、知恵、黙示録、寓話、詩編、聖像、聖画がいたるところから集まり、わたしの教会を訪れた。そして、わたしが啓示した知恵と新たなかたちで結ばれた。無数の小さな川が次々と合流し、ついにはとうとうたる大河となるごとく、古いもろもろの文書はわたしの聖書に付加されて、これまでの時の流れにはまったくなかったような一つの大きな知恵となったのだ。『ケファライア』第154章

 

*エノク 〔ア/ク〕イドリースIdries。〔英〕Enoch。セトとエノクの間に「ミトラの冥府下りとアーリマンの改心」というエピソードが入るPDF.正典『真二宗経』

*ノア 〔ア/ク〕ヌーフNûf。〔英〕Noah。〔中〕挪亜。ここに「見張りの伝承」が入るPDF.正典『大力士経』『業輪経』『ケファライア』『真二宗経』。

*大マニ 〔ペ〕Mar Mânî, 216-274。〔希〕マニケーウスΜανιχοευς。〔羅〕マネスManes。〔中〕末摩尼。

 

 

6.分離の時

 すべての神々と菩薩(義人)たちは、諸天で立ち上がる。大合唱が響きわたり、全世界がそれを聞く。コスモスの中の諸天と諸大地にいる、天使たちのすべてが、ミトラを讃える。この世の支配者たちは、すぐにミトラのところに馳せ参じ、忠誠を誓い、ミトラの命令を受け入れる。しかし、欲望にまみれ、邪悪で、横暴な人間たちは後悔する。そこで、ミトラは、東西に使者を遣わす。使者たちは行って、菩薩(義人)たちとその助力者たちだけでなく、悪者とその共犯者どもをミトラのところへ連れて行く。ミトラは、彼らを祝福し、彼らを自らの右に座らせ、彼らを神々とともに祝福の光で包む。それから、悪行をなした者たちを菩薩たちからひき離して、自らの左において、糾弾する。「おまえたちは、義者をたぶらかすウソつきだ。おまえたちは、彼らを苦しめ、すこしも慈悲を示さなかった。神々に対しても、罪を犯した。それゆえ、有罪だ」。こういうと、ミトラは、上空にいた天使たちを呼び寄せて、彼らに命じて、罪人どもを地獄に投げ落とす。ミトラが、裁きを終えると、周期は終わりに近づく。周期の終わりに、怨霊たちは地獄に投げ込まれる。怨念と欲望は、弱体化する。苦痛と悲哀をもたらす悪魔たちや、空腹をもたらし、人間を拷問する悪魔たちは、恐れおののく。そして、もはや二度と罪を犯さなくなる。

 風、水、そして火は、この世を自由に支配するようになる。やさしい雨が降り注ぐ。木々、草、果実、そしてその他すべての植物は、青々と生い茂る。世界に平和が訪れ、あらゆる人たちが満ちたりる。人間は、真の教えに耳をかたむける。すべての魂の上に、魂をやさしく愛す者ミトラの愛の光がやさしく降り注ぐ。ミトラは、人々を残して、一度、自分本来の場所にもどる。このとき、ミトラは、喜びの内にある風、水、火を大地から持ち上げる。そのため、風、水、火は、この世から消えうせる。

 

 いよいよ、天と地、すなわちコスモスをつくりなおす時が到来する。ミトラが太陽の戦車から、降りて来て、大天使たちに大きな声で呼びかける。すると、大地の最下層に立って大地を支えている地蔵明使マーンベドと、風と水と火をあおって、元素を浄化のために循環させている催光明使ザンドベドと、天球の北側につながれている巨大な竜を見張っている降魔勝使ウィスベドはみな、光の国へと帰って行く。そのあと、大地は崩れ、四つの層すべてが最下層――悪魔たちをとじこめた牢獄――の上に崩れ落ちていく。

 すべての天球層の上に立ち、五柱の神々の手をにぎっている慈恵明使スラオシャと、南に立っている持世明使ダヒベドと、十天大王パフリベドは、五元素神とともに、光の国に還っていく。五元素神は、光の国にもどり、怨念と欲望の権化たちが攻撃してくる以前のすがた、かつてオフルミズドが彼らを創造したときのすがたにもどる。月で完全な姿にもどったオフルミズドも、コスモスの外に脱出する。

 一〇の天球層も、回転するゾディアックの輪も、玉座も、家も、村も、部族も、土地も、王国も、国境も、見張りも、門も、月も、年も、昼夜も、四つの大地の層も、悪魔たちの牢獄も、四つの上位の層も、山、谷、玉座、運河とともに、すべてが解消し、光のなかに消えうせていく。

 大火が、四方からコスモスを包み込み、あらゆる方向からコスモスの中に入ってきて、コスモスを焼き尽くす。コスモスのなかの天地はすべて、ロウのようにとけてしまう。

 

 

7.周期の完了

 最後に、ミトラは、炎をかいくぐって、大欲霊のもとに行く。そして、大怨霊*を迷夢の館のなかに閉じこめ、世界と同じ大きさの石で封印する。かくて、闇が始めた戦いの時代(周期)は、終わる。その後、新たな周期が始まり、友愛の法が確立され、平和と繁栄が訪れる。

 

*大怨霊 だいおんりょう。〔中ペ/ク〕kyn。アーリマンとアズの残留思念(怨念と三欲)のうち、最後まで残った部分のこと。周期の終わりまでに、残留思念の多くは解消されるが、最後まで残ったものは、このようなかたちで封印されるHP神話学6.堕天使伝承と黙示録神話の比較研究「ミトラ教」の項。

 

 

 

以   上